男性ホルモンと抜け毛

AGAとジヒドロテストステロンの関係について

男性ホルモンの一つとして知られているテストステロンは、体内で代謝される過程でジヒドロテストステロンに転換されます。これには、転換酵素である5αリダクターゼが深く関与しており、5αリダクターゼの血中濃度が高いほどジヒドロテストステロンの量も増えていくのです。また、5αリダクターゼの血中濃度は遺伝によって、決まると言われています。 ところで、AGAという男性にだけ現れる薄毛のことをご存知でしょうか。AGAが治療できることについては、CMでも宣伝されていますから、知っている人も多いことでしょう。 しかし、AGAとジヒドロテストステロンの関係については、まだ知らない人も多いはずです。そこで、その関係についてお話しすることにしましょう。

ジヒドロテストステロンは毛乳頭に悪影響を与えます

実を言うと、ジヒドロテストステロンは毛乳頭に悪影響を与えます。毛乳頭は、毛髪の発毛と育毛を行っている細胞のことですから、ジヒドロテストステロンによってダメージを受けることで、毛髪を維持することができなくなってしまうのです。ですから、毛髪はやがて細くなり、脱落していくのです。 AGAの場合では、額の部分や頭の上の部分から薄毛が進行して行く特徴があります。これは、ジヒドロテストステロンがこれらの部分の毛乳頭に対して選択的にダメージを与えるからです。 AGAを治療するためには、5αリダクターゼの作用を抑えるフィナステリド製剤が使用されるようになりました。そして今では、フィナステリド製剤のお陰で、多くのAGAに悩む人たちが救われているのです。